読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかきろぐ

「自動運転」「情報系大学」「雑記」をだらだらと書いています

MENU

一般化するときは注意が必要.~女だから,男だから,日本人だから,外人だから~

ちまたで話題になってることに反応してみる.

 よく読まれているブログにのっかろう.笑

toianna.hatenablog.com

 

家事代行サービス企業の役員・K氏と呼ばれる方の声が問題になったらしい.

彼によれば,女性は

  1. 口は出すが責任は負いたくない。わがまま
  2. 「何がなんでも1億円目指すぞ!」といった数字だけでやる気を出さない。めんどくさい
  3. 問題を解決できなくても、辛さに共感してくれればいいらしい。意味不明

としたため,非難を浴びる結果となった.

 

私が引用した記事のtoiannaさんは「多様化によって生じるめんどくささのマネジメントが重要」という観点の意見を述べている.会社役員の発表した声に対する意見なので,組織という(個人よりも)マクロな視点での意見なのだろう.この意見には賛成で,ごもっともである.

 

さて,この騒動に関してワエが何を感じたか,である.別に社会に対する問いかけでもなんでもないが,素直に思ったこと.

 

まず一つ目,これって男でもそうじゃないか?

上記3つの項目を満たす人って結構いるぞ.責任を負うことを厭わず,天下り的に与えられた数値だけでやる気がでて,辛さへの共感を求めず解決を求め続ける,人間って少ないんじゃないのか?

なんか数字だけ言われても,理由がないと納得できないってのは賢いような気もする.ワエはどっちかというと理由をいわれて納得しないと動かない人間なので,くチクリとさされている気がしてあんまり気分よくないね.

加えて3つめの項目,意味不明でもなんでもない.「居酒屋で,仕事上まったく関係ない人間(友達とか)に,仕事の愚痴を言ってるやつ」と解釈してみれば沢山いる気がしてこないか?職場の喫煙室にいってもこんな人間沢山いるぞ.

 

二つ目,物事を一般化するときは注意が必要

この騒動の場合,一般化というのは,「K氏が出会ってきた女性たち」→「女性」である.何かの事象や物事を,より抽象的な表現にする,ということである.

で,なんで抽象化して非難するときに注意が必要かである.それは.抽象化する際に対象の共通項を精査しなくてはいけないし,別の項目との重なりも意識しなくちゃいかんからだ.

今回の場合,非難した項目が本当に「すべての女性」に当てはまるのか?女性以外,つまり男性にもあてはまるのではないのか?ということになる.もれなく,かぶりなくである.

もちろん,今回は内容が痛烈であるため,非難した項目が全て当てはまる人からの反発も強かったろう.ただ,当てはまらない女性からするととんだとばっちりである.

昨今,欧州では移民問題が大きくなっているが,「イスラム」は出て行け,と叫ばれると,善良なイスラム系の移民(や以前から欧州にすんでいたイスラム系の方々)はたまったもんではないだろう.

 

まぁ,あんまりこんなこと考えすぎてると物が言いにくくなるが,企業の役員たる人物が容易に一般化して対象を広げたあとに,気軽にそれを批判するのはよくないよね.非難するなら,もっと非難する対象を正確に捉えようってことだ.

 

 最後に三つ目,変な一般化しているとバイアス(偏見)を持ってしまう

2つ目の,物事を一般化する際に上手にやらないと,それが世の中で言うバイアスになってしまう.表現を変えると「傾向をつかむ」ってことだから,ルーチーンワークみたいな物に対しては大きな助けとなるんだろうけどさ.

とりわけ人がからむ「人事」とか「教育」にこれを使うとあまりよくないよね.ベ○ッセとかみたいな教育がビジネスになってるなら(つまり相手と対面しない教育なら)傾向をもとにテキストとか作っていいだろうけどさ.一緒に対面で仕事する相手には通じないよね.

あと,一般化した事項を個人にぶつけるのもよくないね.

例えばワエはゆとり世代なんだけど,「ゆとり世代の人間は仕事をサボる」っていわれるより「あなたは仕事をサボる」って批判のほうがダイレクトに響くし.

 この人今後も全ての女性をこういう目で見ていくのだろう.

 

 

 

 

...とここまで書いて,他人が要約した情報のみをインプットとして物を考えるのもなぁ,と感じたので原文を呼んでみた.

女性に読んでほしくない女性のマネジメントについて (99.9%引用)

(これ,元記事はnoteからのものらしいけど,はてな上で公開するのはOKなこと?誰か教えて賢い人)

ちょっとびっくりした.だって冒頭が,

 「これからの時代は男女でわけて考えるのではなく、性別ではなく、個々としてみないといけないから男女でマネジメントをわけるなんていうのはナンセンスだ。」

と自分に言い聞かせてきましたが、やはり男女は違うという答えに行き着きました。

 だもの.

もともと偏見を持ちたくない.性別という形で一般化するのはよくない,ってとこから入ってるんだもんな.

 

で最後の締めくくりが,

今後少子高齢化は間違いないので、女性の労働力というのはもっともっと必要になります。しっかりと特徴を理解した上で能力を最大化し国の発展に貢献していくべきだと思っています。
これを読んだ女性から相当な攻撃を受けるとおもいますが、ただただ黙って大きく頷いて共感・受容・支持していきたいと思います。

 である.

ワエはもう少し「もれ」と「かぶり」を意識して特徴を理解しようと思う.

 

 

あと,言葉選びって重要ね.

本題にはいりますと、女性のマネジメントで一番大切なことは女性という生物の特徴を知ることです。

「 生物」って必要?嘲笑的にしたかったのかな?

 

これを読んだ女性から相当な攻撃を受けるとおもいますが、ただただ黙って大きく頷いて共感・受容・支持していきたいと思います。

攻撃でなく非難,批判とかがいいんじゃないの?

この主張が女性側に対して,仕事に対しての姿勢を考えさせる布石の文書だった,と解釈しても,やり取りがドッヂボール化しそうな言葉のチョイスはやめたほうがええんでないかなぁ.

 

言葉尻だけとってもあんまり本質的な議論できないけど,大事だよなぁと感じた.