たかきろぐ

「自動運転」「情報系大学」「雑記」をだらだらと書いています

MENU

シャラポワの薬物問題(ダナゾール)についてのまとめと思うこと

ちょっと前には八百長が問題視されたテニスであるが,今回はスター選手の薬物問題である.

www.bbc.com

f:id:KennyT:20160308205404p:plain

昔からテニス(軟式)をやっていて,テニスが好きだ.競技に対する愛情もあるし,シャラポワも好きである.そこで今回の件に関して思うことを記事にする.

(自動運転の記事はまた今度である.ネタが溜まってきているけど後回しにしてしまっている...)

 最初に,ワエの意見である.今回の件に関しては

シャラポワは罰則を受けるべきであるが,期間は60日以内の大会への出場停止内に抑えるべきだ」

である.

 

今回の騒動の要点

今回の騒動の要点を箇条書きする.

  • シャラポワが2016/3/7(現地)にドーピングの違反を告白
  • 対象の薬物は今年2016/1/1からWADAによって違反対象となった
  • 薬物の使用理由は健康上の理由からである

テニスのシャラポワ選手、薬物陽性に - BBCニュース

上記の3点である.

つまり,

  • 違反期間は約2ヶ月
  • 運動機能向上を目的としたドーピングではない

ということである.

なぜ2ヶ月以内の出場停止か

違反したことには違いがないので,ペナルティを受けるべきなのは当然だ.しかし,それをなぜ2ヶ月としたかが大事だ.

理由は2つあるが1つ目の理由がメインである.2つ目はほとんどこじつけだ.

 単純に4大大会でシャラポワを見たい

5月22日~6月5日には全仏オープンが開かれる.そして,6月27日~7月10日にはウィンブルドンが開催される.

これらの大会に彼女がいないのは寂しいのである.そのためには,2ヶ月以内でなくてはならない.(正確には全仏オープンが開かれるまで)

この2ヶ月間にはマスターズの大会も開催される.テニスの大会には大小がある.ざっくり言うと一番大きいのがグランドスラム,その下がWTA(ATP) 1000,500,250.マスターズはWTA 1000に該当する.

トップ選手がWTA1000の大会にでられない,というのは十分なペナルティなのである.

 他スポーツでのペナルティ実績

ロードレース(自転車競技)において,すでにメルドニウム使用によるペナルティが持ち上がった選手とチームがある. 

zasshi.news.yahoo.co.jp 

記事元によると,違反を犯した選手が所属したチームは15日〜45日の出場資格停止が言い渡される(これは競技自転車協会の定める罰則).が,実際には該当チームにはレースの出場禁止は言い渡されなかった.

www.cyclesports.jp

ドープに対してあまやかした,というよい実例ではないが深刻な薬物違反でないと判断されたのだろう.(どうも薬物だけでなくコカインを併用していたらしく,コカインにフォーカスをあてて薬物使用には目を伏せたようだ)

プロスポーツ選手としての管理体制

これに関しては,シャラポワは非難されるべきである.

今回,メルドニウムを禁止薬物として指定した組織はWADA(World Anti-Doping Agency)という.この組織が毎年,禁止表という禁止薬物の一覧を作成している.禁止薬物更新に関しては1年かけて議論され,1月1日に表が更新される.つまり1年に1度しか更新がなされないのである.(禁止表の更新に関してはWTAのHPから確認していただきたい)

今年と去年の表を確認してみると,確かに今年の表からダナゾールが追加されている.

 

競技ごとに禁止されている薬物もあるようだが,プロスポーツ選手であれば,毎年この表を確認するのは当然のことだろう.自身が薬物を使用している状態で確認を怠ったのはプロとして責められても仕方がない.

とはいえ名選手であることは間違いない

とはいえ,シャラポワは歴史上でも名テニスプレイヤーであることは間違いない.キャリアの中で,4大大会全ての優勝を経験することを生涯グランドスラムというが,今までに女子では10人しか達成したプレイヤーはいない.シャラポワはその内の1人なのだ.

2000年代初期,ウィリアムズ姉妹がパワフルなプレイスタイルでタイトルを獲得していた頃,端整な容姿と若さを持った「妖精」として人気を博した.17歳でグランドスラム全仏オープン)優勝.その後ロシア人選手として初めて世界ランキング1位の座につく.

薬物問題で渦中にいるが,その実績とテニス界への貢献を同時に伝えてくれる記事がないのが悲しい.テニスに興味がない人にでも,それが伝わるように報道して欲しいと思う.

 

 

現在28歳の彼女が現役を続けられる期間は長くないだろう.なんとか彼女に次のグランドスラムに登場できるチャンスを与えて欲しい.