たかきろぐ

「自動運転」「情報系大学」「雑記」をだらだらと書いています

MENU

投資指標の謎

色々な銘柄をみつつ、スクリーニングを行なっているのだけど、知識不足で理解できない状況が発生する。

 

例えば、今みている株でスカラという銘柄がある。この銘柄は、予想PERという指標が5を切っている。意味合いとしては、利益ベースで見たときに株価が5年以内に開催できる、という意味だ。つまり低ければ、低いほどよい。

 

では、絶対的な意味はおいといて、この5という値が、どの程度のものなのか、他の銘柄と比較してみる。

 

PERは業種によって差が大きい。成長性が高いと判断される業種では大きくなる。また、市場の種類でも大きく異なる。例えば建設業などでは低くなる。

業種を問わなければ、14程度だ。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/stock/kubota/0809.html

 

スカラが上場している東証一部の情報・通信分野では、約14倍らしい(これは、予想PERではない。)

http://wariyasukabu.com/per/gyoshu/per52501.html

スカラに対して、非常に大きい。(リストにスカラがないのが、よくわからないが)

 

それぞれ、個々の銘柄に指標の大小が決まる事情があるのだろうが、それがみえてこない。

 

この辺りは、どう知識をつけていいものか、悩んでいる。